03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

親子で…♪

2018.04.24 (Tue)

はい
大好きな着物のブログです(笑)
arumaani1.jpg arumaani2.jpg
前回のブログで書きましたが、林檎さんのコンサートに着て行く予定だった大島紬です
奄美大島に行った際に一目惚れして購入しました
写真では分かりづらいですが、独特の織りの為歩く度にキラキラするんです~
で、勝手につけた名前が〝アルマーニの着物〟
コンサート用にと帯はあえて紫をチョイス
結び方もお太鼓じゃなくて角出しにしてみました
haori1.jpg haori2.jpg
こちらは初めて作った羽織です
今まで、羽織やコートを一切持っていませんでしたが、いろんな方から『帯と着物を守る為に絶対に必要』と言われ。ついに決心しました
実際に羽織ってみると、凄く気持ちがいい
なんで今まで敬遠していたのかな…と不思議に思うくらいです
で…今まで持っていたけど今後出番が来ないであろう着物を、道行きや羽織に仕立て直してもらう事にしました

ここまではずっと私の事を書いてましたが、とても嬉しい事に…
次女も着物を着てくれるようになったんです
mana3.jpg mana2.jpg

mana1.jpg
着物はどちらもKちゃんにいただいたものです
(めっちゃラッキーな事に、Kちゃんと次女のサイズがほぼ一緒なんです
帯は私が持っていたものの中からチョイス
若いので安いものでも充分
これからもオークションなどで好みのものを格安で手に入れて着物ライフを楽しんで欲しいと思ってます

秋になったら2人でお出掛けしたいな~
スポンサーサイト
09:41  |  着物  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

4月17日は?

2018.04.22 (Sun)

そう!
大好きな椎名林檎さんの日です
4(し)1(い)7(な)です~

そのしいなの日に林檎さんのコンサートに行ってきました
元祖林檎さんファンの次女が苦労してチケットをとってくれました(感謝感謝

ringo1.jpg ringo7.jpg
本当は着物を着て行きたかったんだけど、この日に限って雨…
泣く泣くあきらめました(せっかくこの日の為に大島紬を新調したのに…

ringo3.jpg ringo4.jpg
林檎さんのコンサートには着物を着て来る人がとっても多いんですよ
今回のグッズ販売には、なんと着物が出てました~

コンサートはいつもと変わらず林檎さんパワー炸裂~
やっぱりこの人は〝天才〟です

ringo5.jpg ringo6.jpg
コンサートが終わった後は、タクシーに乗って≪炭味家≫さんへ直行
実はここ、以前にミュージックステーションのコメントで林檎さんが絶賛していた場所なんだそうです
(その時から次女はずっとずっと行きたかったそうで…彼女の念願がやっと叶いました
林檎さんお薦めの〝イカのおろしマヨネーズ〟
美味しくいただきました~ 

ringo8.jpg
林檎さんのサインもしっかり写真に撮り、大満足な1日でありました
15:04  |  演劇・コンサート  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

幸多かれ

2018.03.17 (Sat)

sotugyou1.jpg
3月15日 長女の通う神戸医療福祉専門学校の卒業式がありました
sotugyou3.jpg
ホテルオークラ神戸で開かれた卒業式
今まで出席したどの卒業式よりも素晴らしい式でした
卒業生代表2人の答辞、在校生によるゴスペル〝翼をください〟の合唱はどちらも感動的でした
途中で4つの賞の発表が各学科に1人づつありました
努力賞…学業のみならずあらゆる事に努力を惜しまず、他の生徒の摸範となった生徒
に長女が選ばれた時には、これまでの事が頭の中をよぎり思わず涙が出てしまいました

ここで少し長女の事を書かせてください

私自身が国立の進学校に通っていて、正直〝楽しい学校生活〟を送る事が出来なかった為、長女には是非地元の学校でゆっくりのびのびと育って欲しいと思っていました
小学校入学まで勉強は全然させていませんでした
でもスタートで出遅れた長女は勉強についていけず…それは中学卒業まで続きました
当時の彼女は『どうせ私は…』が口癖でした
高校は身の丈に合った所を選びました
ある日学校から帰ってきて嬉しそうに私に話してくれた事を今でも覚えています
『勉強で分からん事があって、教えてもらおうと思って職員室にいる先生の所に行ったら『○○さん賢いのに質問する事があるんや』って言われて。私生まれて初めて〝賢い〟って言われた』

長女の中に〝自信〟が芽生えた瞬間でした
それから彼女は将来保育士を目指す事を決めました。
ただそれには高い壁がありました
保育課の入学試験にはピアノがあったんです
当時(高校2年生の夏前)、長女は両手弾きはおろか5本の指を使って弾く事すら出来ない状態でした。
すぐにピアノを購入し、それから必死の練習が始まりました
そして…わずか1年半で≪ソナタ≫が弾けるまでになりました
最後に練習してきた曲を私の為に演奏してくれました。
演奏後、長女に『よくここまで頑張ったね』と声をかけると、彼女は号泣しました
『本当に辛かった。何度やっても何度やっても思うように弾けなくて、ピアノ教室の帰りにバスに乗らずに泣きながら歩いて帰った事も何回もあった』と…
それを聞いて2人で泣きました
勉強も頑張り、最終的には学年2番になる事ができました
≪どうせ私は…≫から≪やれば出来る≫に成長した長女
短大を卒業後、福祉関係の保育園に勤務しましたが、そこで障害があるお子さんには保育士の資格だけでは限度がある事に気づきました
平成26年の1月
『ちょっと話があるねん』と言われ、聞いてみると
『実は言語聴覚士の資格を取りたいから学校に通いたい』という事でした
学校は4年制。卒業時は30歳です
それも充分考えた上での長女の決断に対し私達夫婦は何の迷いもありませんでした
(この子は一度決めた事は必ずやり遂げる子だ)と確信していたから
それからの4年間  毎日本当によく勉強を続け、辛い実習も乗り切り、この日を迎える事ができました
クラスの中に社会人は数名いましたが、女性は長女だけでした
8歳年下の〝同級生〟にも恵まれ、中学まで味わえなかった学生生活を楽しむ事もできました
sotugyou4.jpg
年齢的に先生方と生徒の中間だった長女は、時には先生方の相談役にもなり、いつの間にか〝頼もしい存在〟になっていたようです
sotugyou2.jpg
長女の就職先は…
以前勤めていた場所になりました
職場の皆さんに『お帰りなさい』と言ってもらったそうです
保育士の資格だけでは限界を感じた壁も、言語聴覚士としてなら乗り越えられる事が多いと思います
それでも乗り越えられない時、悩み考え新たな方法を模索して彼女なりに解決していくのだろうと思います
我が子ではありますが、そんな彼女を誇らしく思います

これからの人生 幸多かれと母は心から願っています
15:12  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

素晴らしいサプライズ

2018.02.19 (Mon)

親友のKちゃんと2月12~15日の3泊4日で奄美大島に行ってきました
奄美は暖かいと思っていましたが、着いた日は気温も低くおまけに風が強くて ちょっとビックリ
(それでも私が住んでる場所よりは10℃くらい気温は上かな)
それでも念願だった奄美大島に来る事ができて、2人のテンションは早くもアップ
amami25.jpg amami24.jpg
まずは腹ごしらえ
空港近くのホテル〝ティダムーン〟さんのレストランでさっそく郷土料理をいただきました
私は奄美本まぐろ丼、Kちゃんは黒豚煮
めちゃくちゃ美味しくて早くも〝幸せ~

その後、大島紬美術館に併設の工房にて紬の機織り体験をさせてもらいました
私達は経糸が地糸(無地)で緯糸が絣糸(模様入り)のものを織らせてもらったんですが、それでも緯糸の柄が分からず(見えず?)四苦八苦
少しだけ体験して…経緯の細かい柄をきちんと合わせて模様を作られるプロの織り子さんの凄さを改めて実感しました
もちろんここでもおしゃべりに花が咲き…気がつけば夕方に
その後レンタカーで名瀬まで行き、夕食の場所を探しに街をうろうろ
たまたま見つけた〝郷土料理 喜多ハ〟さんの暖簾をくぐったところ…店内は人でいっぱい
後で知ったんですが、地元では予約をしないと入れない人気店なんだそうです
たまたま行って入れてもらえたなんて ほんとラッキーでした
amami23.jpg amami22.jpg
パパイヤの和えものも美味しかったけど、私が一番気にいったのが島ラッキョウ
(あんまり美味しかったんで、買って帰りたかったんだけど…残念ながらスーパーには売ってませんでした
amami20.jpg amami19.jpg
メニューはお任せで全7品が出てきました
どれも出汁の味が効いた素朴な料理でお腹いっぱいになっても少しも胃がもたれませんでした

ここで大島紬の凄さを知っていただく為に、工程表をお見せします
koutei2.jpg
ここまでたくさんの工程があるのは大島紬だけです
私がはまってしまう理由の1つですね

13日のメインは〝泥染め体験〟
事前に予約していた≪金井工芸≫さんにおじゃましました
amami18.jpg

amami17.jpg amami16.jpg
ここは大島紬の染めの工程(テーチ木染め・泥染め)を担当しています
山から伐採した車輪梅の木をチップし大釜で約1日煮ます
amami5.jpg amami4.jpg
その煮汁を少し醗酵させた液に絹糸を入れて揉み込む作業を20回繰り返した後に泥染めを1回  この作業を4回繰り返します。
つまりテーチ木染め80回、泥染め4回  大変な作業ですね
でもこれだけの回数をこなさないと、あの大島紬独特の色合い、シャリ感、柔らかさが出せないんです
amami10.jpg amami7.jpg
もちろん私とKちゃんも体験させていただきました~
前々から この作業がしたくてしたくて…本当に嬉しくて そして楽しかったです
amami2.jpg amami3.jpg
私達は自前の半襟や帯揚げを染めました
テーチ木だけで染めたものを泥に漬けたものでは随分と色が変わりますね
ちなみに…この独特の茶色は泥の色ではなくて、テーチ木のタンニンと泥の鉄分が化学反応を起こした色なんです

………

と ここまでは旅行前に予定してたんですが…ここから先が凄かった~
もうサプライズの連続(笑)

金井工芸さんの奥さんとおおしゃべりしていて、私達の〝大島紬愛〟を感じた奥さんが知り合いの機屋さん(前田紬工芸さん)に連れていってくださいました
そこで知り合ったのが前田じい(私達が独断であだ名をつけちゃいました(笑))です
私達が着物を持って来てる事を知って、『それじゃあ着物をきて一緒に晩御飯食べよう』という事になり…
amami8.jpg
早速着物を着て…
amami26.jpg
金井工芸の奥さんも交えてみんなで楽しく夕食~
大島紬の話から始まって、いろんな話題で盛り上がり~ほんとめっちゃくちゃ楽しかったです

amami9.jpg amami11.jpg
翌日は龍郷柄の大島紬を着て≪興紬工房≫さんにおじゃましました
実はこの着物、興紬工房さんで生まれたんです
前日の≪前田紬工芸≫さんはオーソドックスな渋い柄の大島が多かったんですが、こちらは斬新な柄の大島がずらりと並んでいて、次々と見せてもらう反物の素晴らしさにただただうっとり~
どちらの工房も本当に素敵な大島を扱っておられて、この空間にいられるだけで幸せな気持ちになれました
前々から欲しかった白龍郷と、まるで〝アルマーニのスーツ〟のような龍郷が私の所に来てくれる事になりました
興紬さんで洋服に着替えさせてもらって出かけたのは…
なんと前田じいがやってる〝たんかん畑〟
たんかんは今が収穫のピークだそうで、2人で楽しくたんかん狩りのお手伝いをさせてもらいました

amami1.jpg amami14.jpg
そうそう その前に興紬さんが昼食に連れて行ってくださいました
場所は奄美で有名な〝島とうふ屋〟さん
ボリュームのある定食に加えて飲み放題の自家製豆乳やみき(米・砂糖・芋から作られる醗酵飲料)がめちゃくちゃ美味しかったです
実は私、豆腐が少々苦手なんですが、ここのお料理はどれも美味しくいただけました
今度奄美に行く時は是非又立ち寄りたい場所です

amami13.jpg amami12.jpg
3日目は初日に立ち寄ったティダムーンに宿泊
実はこちらは何度もおじゃましている大阪府池田市の〝大島紬美術館〟系列のホテルなんです
私達が行くという事で、スタッフさんが素敵なサプライズを用意してくださっていました
〝ウエルカム フルーツ〟です
おまけにお部屋も海側の一番いいお部屋に替っていました
皆様の温かいお気持ちが本当に嬉しかったです
ありがとうございました
最後の夕食はやはり郷土料理で〆ました
奄美大島の塩豚の煮込みは絶品~

旅行最終日
この日は前日逢えなかった〝ある方〟のご自宅に伺う事ができました
shoushi2.jpg amami6.jpg
神戸の呉服屋さんで この藍龍郷に一目惚れし…この証紙を見た時から〝染 美和子〟さんにお逢いしてお礼が言いたいとずっと思っていました
美和子おばあちゃんは御年89歳!とってもチャーミングで素敵な方でした
0A17288E-5131-42DA-B594-D7CD9E0D1170.jpg
今もばりばり現役でお仕事されてます
私達がおじゃました時も藍龍郷を織ってらっしゃいました
お逢いできて本当に嬉しかったです  いつまでもお元気でいらしてくださいね


amami50.jpg amami51.jpg
こうして夢のような4日間を過ごし、家に帰ってきてからもまたまた素敵なサプライズが

前田じいと興紬さんからたんかんが2箱も届きました~
本当にありがとうございました
家族みんなで美味しくいただきます

前々から楽しみにしていた奄美大島旅行でしたが、予想を遥かに超えて素敵な出逢い・素敵な経験をたくさんする事ができて、生涯忘れる事のできない感動の旅になりました

出逢えた全ての方々に感謝です
そして…旅行中車の運転をしてくれて、最終日も私のわがままにつきあってくれたKちゃんにも感謝感謝です

奄美の皆さん
又おじゃまさせていただきますね~
13:23  |  旅行♪  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

毎日コリコリ

2018.02.11 (Sun)

友達のA・Nちゃんに紹介してもらった〝顔こりサロン〟の6回講座が終了しました
終了後、かこ先生からのお花をプレゼントに感激~
先生とのおしゃべりも含めて、とっても楽しい時間を過ごす事ができました
CIMG9407.jpg CIMG9419.jpg

サロンに行くまでは、顔にこりがあるなんて思ってもみませんでした
私は眉と頬骨が高く、そのせいで目が窪んで見えていました
これは骨格なので仕方ないと思っていましたが、先生の指導のもと毎日こりほぐしを続けたら…なんと窪みがかなり改善されたんです
毎日約30分、専用オイルを顔に塗り人差し指の関節を使ってひたすらこりこり
テレビを見ながらだと、わりと簡単に達成できます

このマッサージのいい所は、このオイルだけでほぼ化粧品を塗らなくていいという事
毎年冬になると肌の乾燥に悩まされてきましたが、お陰でこの冬はその悩みからも解放されました
(興味がある方は≪かこの顔コリほぐし≫で検索してみてくださいね)

これからも毎日こりこり頑張ります
21:20  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

神の技

2018.02.09 (Fri)

はい
大好きな大島紬のお話です(笑)

大島紬にはいろんな織りの種類があります
手織りの中では一元、片ス(5マルキ~12マルキ)、横ソ
上記の中では12マルキが最高品質ですが、これとは別格の織りが“割り込み”です
この割り込みの反物を織る事ができる職人さんは、今はほぼいらっしゃいません
それほど高い技術を要する織り方です
〝究極の匠の技〟と言っても過言ではないと思います

そんな素晴らしい〝作品〟が なんと2枚も我が家にやってきてくれました
20180208 2 20180208 3
まずは割り込み白大島
大島紬美術館の中でも最高峰の品です
説明書きには≪精微な技は限られた職人にのみ与えられた神の技≫と書いてありますが、正にその通りだと思います
拡大して見ると、織りの凄さが分かっていただけるのではないでしょうか
これを糸の段階で先染めするなんて…ほんと人間業とは思えません
20180208 5 20180208 6
こちらは泥染め割り込み大島
白大島に負けないくらい素晴らしい〝作品〟です
こちらも大島紬美術館のものですが、なんと超超ラッキーな事にオークションで手に入れる事ができました~
多分定価の1/50くらいだと思います

20180208 4 20180208 1
こんな究極の着物には、それなりの格の帯をしめないと着物が可哀想です

こちらは大島紬の生地に有名作家さんの手書きの蔦模様をあしらった帯です
白・茶泥どちらの着物にもとてもよく合います
着物がメインなので、その柄と決してケンカする事なく、でも(いい仕事してますなぁ~)という帯が理想です

私の〝大島紬愛〟は遂にここまで来てしまいました~
11:31  |  着物  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ほっと一息♪

2018.02.08 (Thu)

昨年はふるさと納税でいろんな品物をいただきました
12月に申し込んだカステラが届き、只今美味しくいただいております
CIMG9402.jpg CIMG9403.jpg
長崎県時津町の〝五三カステラ〟
卵の黄身と白身の比が5対3から この名前がつきました
木箱に入っていて高級感たっぷりのカステラはとっても美味~

CIMG9416.jpg CIMG9417.jpg
〝マツコの部屋〟でマツコさんが絶賛してたお抹茶との相性も抜群
家事を全部済ませた後のほっと一息の時間は私の活力の源であります

年末にはこんなものもふるさと納税でいただきました
CIMG9384.jpg
神奈川県山北町 和洋中おせち〝鳳凰〟です
評価が高いだけありました
味も量も大満足でした

今年は、今のところ愛媛県今治市のみかん〝せとか〟を注文中
我が家にやってくる2月下旬が楽しみです

15:27  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

愛しい

2018.02.02 (Fri)

我が家の愛犬 ミニチュアダックスフンドとシュナウザーのmix 〝きび太郎〟(普段は〝きびた〟とか〝きび〟と呼んでます)
生まれつき前両足が曲がっていて…
検査した結果、関節を繋いでいる2本の骨のうち 後ろの1本の成長が止まってしまっていて、その結果大切な前の1本が引っ張られて曲がってしまっていると判明
このまま放っておくという選択肢もありましたが、将来歩く度に痛い思いをさせるのは可哀想なので、思い切って手術をする事にしました
その方法は…
なんと後ろ側の骨の切断です
(こんな事をして本当に大丈夫なの?)と思いますが、もともと使っているのは前側の骨だけなので、動き回る分には支障がないそうです。
なによりこうする事によって無理に引っ張られていた上下の関節の負担が劇的に軽減されるとの事
kibi1.jpg kibi2.jpg
術後帰宅したきびたは、それまでのやんちゃぶりが陰をひそめ…可哀想なくらいすっかり大人しくなってしまいました

が…

傷が治るにつれ、元のきびたに戻ってきました~
CIMG9400.jpg CIMG9399.jpg
抜糸までは動き回らせてはいけないので紐で繋いでいますが…ちっともじっとしてくれません
〝親の心子知らず〟ですね
でも、そんなきびたを見てると心から愛おしくなります

せっかく元気になったと思ったら次は左足の手術が待ってます
次回も無事に終わって、元のように元気に走り回るきびたが早く見たいです



話変わって
今私が一番興味を持ってるお芝居は、何と言っても〝歌舞伎〟です
大阪松竹座での公演は、ほぼ観に行ってますが…残念ながら一般発売初日に申し込んでも いい席は既に埋まってしまってました
なので、今回〝松竹歌舞伎会〟に入会する事にしました

CIMG9395.jpg CIMG9396.jpg
年会費が3200円かかるんですが、その代わりに定価250円の雑誌が毎月送られてくるんです
今日はその雑誌と共に入会記念品として、なんと隈取刺繍入りの今治ハンカチが送られてきました
めっちゃ嬉しい~
そして2月号の特集は…私のいち押しの〝八代目市川染五郎〟
よくぞ歌舞伎界に生まれてきてくれましたと思わせる程 見事に気品のある顔立ち
おばさんはこれからも貴女の成長を見守り続けますよ~
7月には祖父の二代目松本白鸚、父の十代目松本幸四郎の顔見せ興業がありますが、中学生の染め五郎君は残念ながら出演できません

来年あたり、東京の歌舞伎座で晴れ姿を拝みたいものです
14:47  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

素敵なプレゼント

2018.01.29 (Mon)

ここんとこブログのさぼり癖がついてしまい…大反省

今年は長文のブログを封印して、ちょっとした事を少しづつアップしていくようにします

今年最初の話題は…

やっぱり一番好きな“着物”です

着物を着るようになって、本当に難しかったのが
〝自分にはどんな種類の着物が合うか・どんな色の着物が合うか〟を認識する事でした
約2年、本当にいろいろ試行錯誤を繰り返し…
ようやく〝大島紬〟にたどり着きました
で、現在は持っている着物をいろいろアレンジして常に楽しめる様工夫している最中です

CIMG9390.jpg CIMG9394.jpg
袷の着物だった地空きの大島は長羽織に仕立て直しました
羽裏の千鳥柄がお気に入りです

CIMG9391.jpg CIMG9392.jpg
単衣の白大島は肩口の焼けが気になり…着物としては着られなくなってしまったので、思い切って日傘にしました
柄に名前を入れてもらいました
1反で3本の傘を作る事が可能だったので…もう1本作ってKちゃんにプレゼント

そして…
Kちゃんがこんなに素敵なものを作ってくれました~
CIMG9389.jpg
オリジナルの羽織紐です
どれもこれも素敵でうっとり~

これをつけて早くお出掛けしたいです
16:23  |  着物  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

合格~♪

2017.12.28 (Thu)

CIMG9354.jpg CIMG9356.jpg
昨年末に作ったお味噌
1年寝かせて…出来上がりました
左は普通の大豆、右は黒豆で作ったお味噌です
と~ってもマイルドで私好みの味に仕上がりました
この味噌のお陰で、毎日のお味噌汁をいただくのが楽しみになりました

あ~
日本人に生まれて良かった
13:00  |  料理  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT