FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

惚れ惚れ

2016.04.10 (Sun)

CIMG6737.jpg CIMG6738.jpg
8日、1人で京都まで歌舞伎を観に行ってきました
今回の演目は≪源氏物語≫
前回の≪ワンピース≫とはうってかわって 歌舞伎の王道ともいえる舞台でした
実は今まで海老蔵はあんまり好きでは無かったんですが…
いやぁ~美しい
まさに〝光源氏〟そのものでした
惚れ惚れと見とれてしまいました
ワンピースは奇想天外な仕掛けと迫力でめちゃくちゃ楽しかったんですが、派手さが無い分ひとつひとつの優雅な舞いが見られる今回の舞台もとても素敵でした

ebizou1.jpg ebizou2.jpg
もちろん着物を着ましたよ
初めて貴久樹さんの帯を締めました~


翌9日は、三田市観光ガイドさんと歩く≪三田まち歩き≫にIちゃんと2人で参加

三田市に引っ越してきてから22年
恥ずかしながら…自分が住んでる町なのに、今まで全く歴史を知りませんでした

約300年続いた江戸時代、藩主が変わらず13代も続いたのは三田だけなんだそうです(ちなみに藩主は九鬼家です)

今回のコースは
〝吉田茂の懐刀 白洲次郎のルーツと日本化学の祖 川本幸民を訪ねて〟

CIMG6744.jpg CIMG6746.jpg
白洲次郎の祖父、退蔵は三田で生まれました
心月院には退蔵を初め白洲家一族のお墓があります

CIMG6748.jpg CIMG6749.jpg
有名な白洲次郎・正子のお墓もありました
お墓は正子がデザインしたものだそうです。
次郎の遺言『葬式無用 戒名不用』に従い、次郎の墓碑には〝不動明王〟の梵字が、正子には〝十一面観音〟の梵字のみが刻まれています
墓碑の高さ8㎝の差は生前の2人の年齢差だそうです
仲の良かった2人らしい墓碑ですね
(全くの余談ですが…誇れる日本人である白洲次郎を侮辱するCMを作り続けている孫正義率いるソフトバンクの携帯には絶対に入りません!!)

お墓の傍らには正子手植えの桜の木が大きくなってみごとな花を咲かせていました

川本幸民は江戸で蘭学を学び、洋書を翻訳し、初めて〝化学〟という言葉を使用し、
日本で初めてビールの醸造やマッチの製造、写真撮影に成功。
又、三田で“英蘭塾”を開き近代化を担った多くの人材を輩出した人物なんです
素晴らしい方ですね

3時間半の間、丁寧で楽しいガイドをし続けてくださった荒木さん ありがとうございました

三田のまちがもっと好きになり、もっと知りたくなりました
スポンサーサイト
14:12  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://tttktytm.blog91.fc2.com/tb.php/417-d4ffbea4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |