FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

いにしへの

2016.06.15 (Wed)

古都奈良の都に親友のKちゃんと行ってきました
Kちゃんの息子さんのクラブ合宿が急遽きまり、それに合わせて私達も1泊旅行となりました~
2人でのお出掛けはめっちゃ久しぶり
今回も当然ながらめちゃくちゃ楽しい旅行となりました
CIMG7030.jpg CIMG6970.jpg
実家が奈良に近いKちゃん、私の全く知らなかった穴場の場所に連れてってくれました
奈良学園前の駅近くにある≪松伯美術館≫です
~上村松園、松篁、淳之~三代の日本画美術館です
母、息子、孫と三代続けて日本画家って素晴らしいですね
各々特徴があって、どの作品も素敵でしたが、個人的には松園の美人画に一番惹かれました
館内はもちろん、周囲のお庭も手入れがいきとどいていて、本当に素敵な美術館でした
CIMG6972.jpg CIMG6980.jpg
続いて、私が敬愛する秋篠宮殿下の名前の由来とになった≪秋篠寺≫へ
中心部から離れた場所にある為か、訪れる人はほとんど無く心静かに参拝できました(京都ではこういう訳にはいきませんよね)
本堂の中には〝東洋のモナリザ〟と言われる伎芸天が祀られていました
微笑みが どことなく紀子様に似ているような…
とても素敵な天女像でありました
CIMG6987.jpg CIMG6983.jpg
続いて、これまた行きたかった≪唐招提寺≫へ
苔がとてもきれいで、思わず見とれてしまいました(京都の苔寺より、ずっときれいでした)
念願だった鑑真大和上御身代り像を拝見でき大満足
CIMG6990.jpg CIMG6995.jpg
続いて薬師寺へ
私が最初に歴史に興味を持ったのが飛鳥・奈良時代
(ちなみに一番好きなのは大津皇子です)
唐招提寺は、その大津皇子の父である天武天皇発願のお寺です
当たり前の事ですが、建物も仏像も京都にあるものより遥かに歴史が深く、素朴ながらも重みがあるものばかりでした

夜はホテルサービスの〝奈良夜景ツアー〟に参加し、二月堂に行きました
道中、飛び交うホタルに遭遇~
天然のホタルを見るのは約40年振り! ほんとラッキーでした
CIMG7008.jpg
天気に恵まれ、奈良の夜景を堪能する事ができました
手前の屋根が東大寺大仏堂です
CIMG7011.jpg CIMG7014.jpg
ガイドさんの分かりやすい&楽しい説明のお陰で、今まで何も知らなかった“お水取り”の勉強ができました
CIMG7022.jpg CIMG7025.jpg
翌日は奈良中心部へ
まずはKちゃんの御朱印を頂きに興福寺に行き、その後“ならまち”を散策
昔は寂れていた場所が見事に趣のある街並みに生まれ変わっていて、ほんと嬉しくなりました
そこで素敵な出逢いがあったんですが…
それは又今度紹介しますね

ならまちの中央にある“元興寺”に立ち寄りました
恥ずかしながら全然知らなかったんですが、元興寺の前身は日本最古の寺“飛鳥寺”でした
奈良遷都に伴い この地に移されたんだそうです
屋根瓦はその時のもの…つまり日本最古の瓦です
1300年前の人々もこの瓦を眺めたのか…と思いながら眺めると、なんともロマンを感じます

楽しくて勉強になって…とっても内容の濃い旅行でした
車の運転をした私に『タラちゃん疲れたやろうから』と長い時間マッサージをしてくれたKちゃん 
と~っても気持ち良かったよ  ありがとう
CIMG6971.jpg CIMG6993.jpg
食べる事が大好きな私
もちろん美味しいものをたっぷり戴きました~

次回は山陰地方…かな
スポンサーサイト
18:43  |  旅行♪  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

コメント

のりこさんへe-417

奈良ホテルに泊まられたんですね
由緒がある、とても素敵なホテルですよね
私もいつか泊ってみたいですe-454

春日大社の朱色と灯篭のコントラスト…綺麗かつ幻想的でしょうね

日本には素晴らしい所がいっぱいありますよねe-420
 |  2016.06.18(土) 14:45 | URL |  【編集】

奈良へはスケッチでよく行きます。4年位前に友達と奈良ホテルでとまって 春日大社の マントウロウに夜行ったのが忘れられません。とても幻想的でした。
のりこ |  2016.06.16(木) 18:25 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://tttktytm.blog91.fc2.com/tb.php/428-08de71c1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。