FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

魅せられて…

2017.02.10 (Fri)

何度も書いてますが…
着物が大好きです
その中でも断トツに好きなのが〝大島紬〟です
気の遠くなる程の工程を経て出来上がった生地は、繊細な模様といい独特のシャリ感といい軽さといい まさに〝日本の伝統工芸の極み〟だと私は思っています

同じく着物が大好きなKちゃんと昨年大阪府池田市にある〝大島紬美術館〟に行ってきました
何故池田市?と思いますよね
実は池田市は織り物の発祥の地なんだそうです
応神天皇の頃、大陸から2人の織り姫が池田の地に渡り 織物や染色の技術を伝えたという伝説があり、現在の市章は糸巻きを表しています
駅の近くには〝呉服神社〟もあるんですよ
大島紬美術館は日本で奄美大島と池田市にしか無いそうで、そんな場所に1時間足らずで行けるなんて…ほんと私たちラッキーでした
この美術館は一般公開していません(全国の和服業界の方達の研修用なんだそうです)
ただし、事前に予約をしておけば案内してくださいます

私達の為に職員さんが丁寧に説明してくださいました
CIMG7443.jpg CIMG7451.jpg
そもそも何故大島紬は大島で生まれたのか
その答えがこれです
その昔、奄美大島に沢山の隕石が降ったそうです(実際に持ってみたら…びっくりするくらい重かったです!!)
その隕石が永い年月をかけて土と混ざり合い、奄美の土は鉄分を多く含む様になりました
泥染めした生地が土の中の鉄分に反応し、他では類をみない独特の色合いが生まれました
CIMG7452.jpg CIMG7445.jpg
泥というと茶色のイメージですが、奄美には白泥なるものもあります
白大島は染めてないのではなく、白泥で染められているんです  凄いですね
車輪梅染めと泥染めを80回以上繰り返す事によって独特の色合いと共に丈夫な生地に仕上がっていきます
CIMG7444.jpg
大島紬の染料は全て自然のものです
昔は泥染め、藍染め、白泥染めが主流でしたが、最近は草木染めにより緑や赤等の鮮やかな色の紬も見られるようになりました
CIMG7448.jpg CIMG7447.jpg
大島紬の工程は実に38もあります!
その中の染めの一工程だけで80回以上繰り返す作業になります

大島紬は糸を染めてから織る〝先染め〟です
なので、先に締め機という機械で染めない部分を絹糸で精密に織り括ります
この時に締めが甘かったり場所を間違えたりすると、いくら織り手さんが名人でも もうどうしようもありません
この作業は大島の命ともいえる作業で、昔から力のある男性の仕事となっています

この写真でも糸が予め染められているのが分かりますね
いやもう凄すぎて、私の頭では想像がつきません
こうして多くの職人さん達の手を経て作られた反物には、その証として〝証紙〟がつけられます
この証紙がとても大切で、昔母が私に着物を買ってくれた時『これは絶対に捨てたらあかんよ』と言ってた意味がよ~く分かりました
知れば知るほど、大島紬の魅力に引き込まれる私です

私の宝物の大島です
CIMG7759.jpg CIMG7761.jpg
今では希少価値の100%藍染めで伝統的な龍郷柄の着物です
この模様、凄すぎます
同じく大島紬の帯を合わせてみたら…相性抜群
CIMG7766.jpg CIMG7770.jpg
この帯は特許を取ってる技法で作られています
地の部分と模様の部分を別々に織り、模様の部分を切って糸をほどき、1本1本地の経糸にからめていってるんだそうです
その作業を想像すると…もう言葉も出ません
草木染めの色合いと織り手さんの技量が要求される細密織の模様に一目惚れした着物です

3月には文楽、4月には歌舞伎を観に行きます
もちろんお気に入りの大島と共に
スポンサーサイト
18:08  |  着物  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://tttktytm.blog91.fc2.com/tb.php/447-b8af7a1b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。