FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

圧倒的な“白”

2017.02.13 (Mon)

長女が1月7日から2ヶ月の医療実習で姫路に行ってます
先週末 用事で帰ってきた彼女を送るついでにバンジーさんと姫路城に行ってきました(実はこっちがメイン(笑))

CIMG7794.jpg
平成修理の後、初めて間近に見た姫路城は…
≪白鷺城≫と呼ばれるに相応しい程 惚れ惚れするくらい白く気高く美しい姿でした
CIMG7796.jpg CIMG7801.jpg
数年前のゴールデンウィークにバンジーさんと行った時は、あまりの人で入場制限がかかっていた為…残念ながら断念しました
でも今回は用事を済ませてから向かったので、着いたのは3時前
帰る人がほとんどで、並ぶ事無くスムーズに“入城”する事ができました

姫路城は門を抜けてから城にたどり着くまで〝数々の難関〟が待ち受けています
迷路のような道や門の数もさることながら、圧倒されたのが狭間の数
なんと997か所もあるそうです
この狭間から敵を狙い撃ち!
いやはや…こんな鉄壁の守りの中 城にたどり着くのは至難の業だったでしょうね
CIMG7808.jpg CIMG7811.jpg
城内の階段は敵の侵入を防ぐ為上部から扉で塞ぐ仕様になっています
破風の内部
バンジーさんに『破風には2種類あって、なだらかな曲線のものは唐破風っていうねんで』って説明しても『ふぅ~ん』と全く気の無い返事
残念ながらバンジーさん 歴史には全く興味がありません
以前『歴史って面白いと思わないの?』って聞いたら、『思わん 人のやった事に興味が無い』だって…
はぁ~
でも、工学部出身だけあって、設計図とかは楽しそうに見てました
CIMG7825.jpg CIMG7826.jpg
建物の四隅には付兵を配置する〝武者隠し〟があります
天守閣への出入り口の扉は2重構造になっており、簡単に敵が侵入できない様になっています
この頑丈な扉を見ても いかに守りが鉄壁であったかが分かりますね
CIMG7821.jpg CIMG7818.jpg
東西2本の大柱
地階から5階の梁まで通柱となっています(西大柱は3階で上下に継ぎ合わされる2分割の巨木が利用されてます)
当時、ここまでの大木が存在し、運んで来ただけでも驚きですね
CIMG7816.jpg CIMG7828.jpg
天守には多くの武具が備えられており、写真では分かりにくいですが壁面上部にはたくさんの武具掛けがありました
又1階には〝武具の間〟があり、よりたくさんのものが納められていたようです
CIMG7814.jpg CIMG7823.jpg
天守の窓は敵の侵入や矢玉を防ぐ為太い格子がはめられた幅半間の格子窓になっています
今こうして見ると美しさもかな備えていますね
屋根の瓦と瓦の継ぎ目には漆喰が施されています
見た目の美しさと共に風や揺れに対する強度を高める働きをしています
CIMG7841.jpg CIMG7846.jpg
石垣にはなんと古墳の埋葬されていた石棺が使われていました
築城当時の権力の高さが伺えますね
開いた扇の曲線に似ている事から〝扇の勾配〟と呼ばれる石垣です
上に行くほど反り返り、敵を寄せ付けない工夫でもありました
この造りは熊本城の石垣と同じですね
CIMG7842.jpg CIMG7844.jpg
CIMG7845.jpg
明治・昭和・平成 歴代の鯱瓦(鯱鉾ではありません)です
通常天守ほ屋根にある鯱瓦は雄と雌とで一対になっていますが、姫路城は二体とも雌の鯱になっていて、これは全国的にも珍しいそうです
こうして比較すると…時代と共に強度は増しているとは思うんですが、明治時代の鯱が一番美しいですね
CIMG7832.jpg CIMG7838.jpg
CIMG7833.jpg

世界文化遺産 国宝 姫路城
約5年に渡る〝平成の修理〟を経て 見事に甦った≪日本の宝≫を 私達はいつまでもいつまでも大切にしていかなければなりませんね
スポンサーサイト
14:10  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://tttktytm.blog91.fc2.com/tb.php/449-351b29b9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。