03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

素晴らしいサプライズ

2018.02.19 (Mon)

親友のKちゃんと2月12~15日の3泊4日で奄美大島に行ってきました
奄美は暖かいと思っていましたが、着いた日は気温も低くおまけに風が強くて ちょっとビックリ
(それでも私が住んでる場所よりは10℃くらい気温は上かな)
それでも念願だった奄美大島に来る事ができて、2人のテンションは早くもアップ
amami25.jpg amami24.jpg
まずは腹ごしらえ
空港近くのホテル〝ティダムーン〟さんのレストランでさっそく郷土料理をいただきました
私は奄美本まぐろ丼、Kちゃんは黒豚煮
めちゃくちゃ美味しくて早くも〝幸せ~

その後、大島紬美術館に併設の工房にて紬の機織り体験をさせてもらいました
私達は経糸が地糸(無地)で緯糸が絣糸(模様入り)のものを織らせてもらったんですが、それでも緯糸の柄が分からず(見えず?)四苦八苦
少しだけ体験して…経緯の細かい柄をきちんと合わせて模様を作られるプロの織り子さんの凄さを改めて実感しました
もちろんここでもおしゃべりに花が咲き…気がつけば夕方に
その後レンタカーで名瀬まで行き、夕食の場所を探しに街をうろうろ
たまたま見つけた〝郷土料理 喜多ハ〟さんの暖簾をくぐったところ…店内は人でいっぱい
後で知ったんですが、地元では予約をしないと入れない人気店なんだそうです
たまたま行って入れてもらえたなんて ほんとラッキーでした
amami23.jpg amami22.jpg
パパイヤの和えものも美味しかったけど、私が一番気にいったのが島ラッキョウ
(あんまり美味しかったんで、買って帰りたかったんだけど…残念ながらスーパーには売ってませんでした
amami20.jpg amami19.jpg
メニューはお任せで全7品が出てきました
どれも出汁の味が効いた素朴な料理でお腹いっぱいになっても少しも胃がもたれませんでした

ここで大島紬の凄さを知っていただく為に、工程表をお見せします
koutei2.jpg
ここまでたくさんの工程があるのは大島紬だけです
私がはまってしまう理由の1つですね

13日のメインは〝泥染め体験〟
事前に予約していた≪金井工芸≫さんにおじゃましました
amami18.jpg

amami17.jpg amami16.jpg
ここは大島紬の染めの工程(テーチ木染め・泥染め)を担当しています
山から伐採した車輪梅の木をチップし大釜で約1日煮ます
amami5.jpg amami4.jpg
その煮汁を少し醗酵させた液に絹糸を入れて揉み込む作業を20回繰り返した後に泥染めを1回  この作業を4回繰り返します。
つまりテーチ木染め80回、泥染め4回  大変な作業ですね
でもこれだけの回数をこなさないと、あの大島紬独特の色合い、シャリ感、柔らかさが出せないんです
amami10.jpg amami7.jpg
もちろん私とKちゃんも体験させていただきました~
前々から この作業がしたくてしたくて…本当に嬉しくて そして楽しかったです
amami2.jpg amami3.jpg
私達は自前の半襟や帯揚げを染めました
テーチ木だけで染めたものを泥に漬けたものでは随分と色が変わりますね
ちなみに…この独特の茶色は泥の色ではなくて、テーチ木のタンニンと泥の鉄分が化学反応を起こした色なんです

………

と ここまでは旅行前に予定してたんですが…ここから先が凄かった~
もうサプライズの連続(笑)

金井工芸さんの奥さんとおおしゃべりしていて、私達の〝大島紬愛〟を感じた奥さんが知り合いの機屋さん(前田紬工芸さん)に連れていってくださいました
そこで知り合ったのが前田じい(私達が独断であだ名をつけちゃいました(笑))です
私達が着物を持って来てる事を知って、『それじゃあ着物をきて一緒に晩御飯食べよう』という事になり…
amami8.jpg
早速着物を着て…
amami26.jpg
金井工芸の奥さんも交えてみんなで楽しく夕食~
大島紬の話から始まって、いろんな話題で盛り上がり~ほんとめっちゃくちゃ楽しかったです

amami9.jpg amami11.jpg
翌日は龍郷柄の大島紬を着て≪興紬工房≫さんにおじゃましました
実はこの着物、興紬工房さんで生まれたんです
前日の≪前田紬工芸≫さんはオーソドックスな渋い柄の大島が多かったんですが、こちらは斬新な柄の大島がずらりと並んでいて、次々と見せてもらう反物の素晴らしさにただただうっとり~
どちらの工房も本当に素敵な大島を扱っておられて、この空間にいられるだけで幸せな気持ちになれました
前々から欲しかった白龍郷と、まるで〝アルマーニのスーツ〟のような龍郷が私の所に来てくれる事になりました
興紬さんで洋服に着替えさせてもらって出かけたのは…
なんと前田じいがやってる〝たんかん畑〟
たんかんは今が収穫のピークだそうで、2人で楽しくたんかん狩りのお手伝いをさせてもらいました

amami1.jpg amami14.jpg
そうそう その前に興紬さんが昼食に連れて行ってくださいました
場所は奄美で有名な〝島とうふ屋〟さん
ボリュームのある定食に加えて飲み放題の自家製豆乳やみき(米・砂糖・芋から作られる醗酵飲料)がめちゃくちゃ美味しかったです
実は私、豆腐が少々苦手なんですが、ここのお料理はどれも美味しくいただけました
今度奄美に行く時は是非又立ち寄りたい場所です

amami13.jpg amami12.jpg
3日目は初日に立ち寄ったティダムーンに宿泊
実はこちらは何度もおじゃましている大阪府池田市の〝大島紬美術館〟系列のホテルなんです
私達が行くという事で、スタッフさんが素敵なサプライズを用意してくださっていました
〝ウエルカム フルーツ〟です
おまけにお部屋も海側の一番いいお部屋に替っていました
皆様の温かいお気持ちが本当に嬉しかったです
ありがとうございました
最後の夕食はやはり郷土料理で〆ました
奄美大島の塩豚の煮込みは絶品~

旅行最終日
この日は前日逢えなかった〝ある方〟のご自宅に伺う事ができました
shoushi2.jpg amami6.jpg
神戸の呉服屋さんで この藍龍郷に一目惚れし…この証紙を見た時から〝染 美和子〟さんにお逢いしてお礼が言いたいとずっと思っていました
美和子おばあちゃんは御年89歳!とってもチャーミングで素敵な方でした
0A17288E-5131-42DA-B594-D7CD9E0D1170.jpg
今もばりばり現役でお仕事されてます
私達がおじゃました時も藍龍郷を織ってらっしゃいました
お逢いできて本当に嬉しかったです  いつまでもお元気でいらしてくださいね


amami50.jpg amami51.jpg
こうして夢のような4日間を過ごし、家に帰ってきてからもまたまた素敵なサプライズが

前田じいと興紬さんからたんかんが2箱も届きました~
本当にありがとうございました
家族みんなで美味しくいただきます

前々から楽しみにしていた奄美大島旅行でしたが、予想を遥かに超えて素敵な出逢い・素敵な経験をたくさんする事ができて、生涯忘れる事のできない感動の旅になりました

出逢えた全ての方々に感謝です
そして…旅行中車の運転をしてくれて、最終日も私のわがままにつきあってくれたKちゃんにも感謝感謝です

奄美の皆さん
又おじゃまさせていただきますね~
スポンサーサイト
13:23  |  旅行♪  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://tttktytm.blog91.fc2.com/tb.php/481-68a9af4f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |